トリコモナス症とは



iryou...13




トリコモナスとは、細菌やウイルスではなく、
”原虫” の一種です。



主に膣性交で感染し、乾燥には弱いとされるが、
水中では長時間感染力があるため、
”浴槽・タオル・便座” からも感染します。



また、性感染症(STD)の多くは、若年層に感染者が多いが、
トリコモナス症の感染者は、高齢者でも多いのが特徴。



感染後、2~3日で検査することは可能ですが、
潜伏期間は10日程度と言われます。






感染経路


通常、女性の膣内は酸性であるため、
それほど感染率の高くありませんが、
膣内がアルカリ側に近づく、”妊娠時・月経時” には、
より感染しやすくなっている。

男性の場合、一般的には、”女性からのみ感染” し、
男性同士の性交渉では感染しない(一般的に)のが特徴です。
(女性 ⇔ 男性/女性 ⇔ 女性)

パートナーのどちらかに感染が認められた場合、
同時に、受診・治療を行う必要があります。





症状


<女性の場合の症状>


・性器付近のかゆみ
・血液を含んだのおりもの
・強烈な匂いの黄緑色の泡だったおりもの
・排尿時の痛み
・性交時の痛み
・性交時の不快感

また、トリコモナス症を放置していると、
他STD同様、”不妊・早産・流産” になる可能性が否めません。




<男性の場合の症状>


・尿道から膿のようなもの
・排尿時の痛み
・性器のかゆみ

などが考えられますが、女性に比べ症状が軽いのが特徴で、
ほとんど無症状といった場合も多いようです。

また、”尿道への感染” の場合、
排尿の際に洗い流される可能性もあります。
(ただ、体内に残っていた場合、自然治癒はないので、治療は必要)







This entry was posted in トリコモナス症 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す