B型肝炎とは?



iryou...13




(B型)肝炎は、2種類に分類され、
共に、症状のある場合とない場合があり、
症状のある場合としては、
”倦怠感・食欲不振・発熱・赤褐色尿・黄疸” などが挙げられます。



感染後の潜伏期間は、一般的に、1~2ヶ月と言われます。



・一過性の感染:数ヵ月で自然治癒
・持続感染(数%):肝硬変や肝臓癌へ進行する場合もあり



持続感染の割合は数%とされているが、
現在、関東を中心に持続感染する、
”欧米型ウイルス” が増加の傾向にある。





■感染経路


母子感染や、輸血等による感染もありますが、
現在ではこういった経路での感染は極めて低く、
大半が性交渉によるものとされているが、
性交渉による感染が増加しており、
減少していたB型肝炎の感染者は増加の傾向にある。
(母子感染に関しては、1986年より、妊娠時の検査が実施されている)

海外で感染するケースも多くみられ、
”アジア地域” などの地域で多く確認されている。
(東南アジアの性風俗から感染し、持ち帰る例も多いようです)





■検査


多くの場合、自然治癒するのがB型肝炎ですが、
稀なケースではありますが、
無症状のまま肝硬変等に進行する可能性もあります。

性交渉による疑いだけでなく、母子感染等もありますので、
疑わしい場合は、一度検査されることを、強くおすすめします。
(若年層での感染拡大、アジア地域での蔓延もお忘れなく)







This entry was posted in B型肝炎 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す