性感染症種類を確認しよう!



iryou...13




先進国の中では減少傾向にある性感染症ですが、
ここ日本においては世界の流れとは逆行して、
性感染症が増加傾向にあります。



特に若年層や性風俗店での増加が顕著であり、
コンドームを付けない性行為や、
東南アジアからの持込が挙げられます。



このような性感染症ですが、
当サイトでは、感染者の多い性感染症の種類と、
その症状や特徴についてご紹介しております。



各ページでは、種類ごとに性感染症をご紹介しておりますので、
それぞれご確認いただければと思います。



それでは、性感染症の種類をみていきましょう!
(それぞれクリックしていただければ、
 個別のページへリンクしております)




・トリコモナス症
梅毒
・B型肝炎
ヘルペス
クラミジア
カンジダ、ケジラミ(2種類同一ページ)




ここで注意していただきたいのが、性感染症の中でも、
ほとんどのものが、放置しておくと、
”不妊・早産・流産” となる可能性があり、
感染していても、”無症状” の場合も多いという点です。



また、性感染症一種類の感染ではなく、
複数の性感染症に感染している場合も多くあります。



感染の疑いがある場合は、
一度検査されることを、強くおすすめします。



性感染症の検査については、
下記姉妹サイトで詳しい解説もしておりますので、
姉妹サイトもご確認いただければと思います。


淋病に感染した際の、症状や合併症の事例|検査・無症状・不妊・母子感染…







<おすすめサイト>
クリニカルスペシャリストについて(看護師さんの人気の転職先)







コメントを残す